体験談・お手紙

息子の中学受験が終わり1か月が経過しました。 阿部教育研究所の阿部先生、若野先生の両先生にお世話になり、おかげ様で息子が一番行きたかった第一志望の学校に無事合格することが出来ました。 阿部教育研究所にお世話になる以前は大手塾に通っていましたが、出された課題の多さに対応しきれず、授業内容を理解できないまま進んでしまう不安やとまどいでいっぱいでした。心乱れることが多く落ち着いて勉強に取り組むこと自体が上手く出来ずにいました。頑張りが上手く成果に結びつかない状況に焦ってしまい両親共に知らず知らずに息子にプレッシャーをかけすぎてよくないスパイラルにはまっていたと思います。 阿部先生のカウンセリングを受け、その後授業を受けていくうちに子供自身が少しずつ失った自信を取り戻していき頑張れる力が生まれたように思います。塾でうまくいかなかった事によって傷ついた子供の気持ちに寄り添いほめて伸ばして頂きました。息子は授業が分かりやすく楽しいと言って毎回の授業を楽しみに通い、受験に前向きに取り組んでいけるようになりました。 阿部教育研究所に通わせて頂くようになってから親子の衝突は本当に少なくなりました。 中学受験はよく親子の受験とも言われますが、勉強への取り組み方、志望校選びなど重要な局面で親の不安な気持ちまで聞いて頂け、的確にアドバイスを頂けたことにより親と子供が一体となって目標に向かって頑張ることが出来るように変わっていけたと思います。 中学受験は終わりましたが、これがゴールではなく、ここからが始まりだと思っています。阿部教育研究所に通うことが出来理解することの楽しさがわかり言い学習姿勢が身についたことで中学での学習にも前向きに取り組み良いスタートが切れることと確信しています。 また壁にぶつかった時にご相談に乗って頂くことが出来る場所が存在する安心感もとても大きいです。 第一志望に合格出来たことで今後も頑張れば出来るという大きな自信が生まれたと思います。 阿部先生、若野先生両先生のサポートに本当に感謝しています。 1年間本当にお世話になりましたありがとうございました。
阿部先生へ ぼくが受験で困っていたとき、いつも元気付の言葉をかけてくれてありがとうございました。お陰で勉強するぞ!!という勇気がわいてきました。 そして、何より勉強というものを楽しくしてくれたことに本当に感謝しています。 ぼくが阿部先生の研究所に通っているとき、一番耳にしたのは、「勉強なんかクイズ!!」という言葉です。その言葉を聞くたびに、勉強が楽しくなって、」気分もとても晴れました。また、ココアやおかしなどいろいろごちそうになりました。そして、ぼくのあげたオレンジペンも大切に使ってくれているのを見てとても嬉しくなりました。 次に、若野先生の代行として、教えてくれてありがとうございました。またその期間中に計算の秘訣や効率的な解き方などお得な情報がたくさん入ってきました。とてもお世話になりました。 今日は官署の気持ちをこめて、この手紙を書きました。そしてプレゼントとして、文房具をお送りします。あのときみたいに大切に使っていただけると嬉しいです。 1年間本当にありがとうございました。 2021.3.31
若野先生へ 麗澤に合格させてくれて、本当にありがとうございました。 若野先生には、算数の授業をやってもらいました。僕は、阿部教育研究所に通う前、大手塾の四谷大塚に通っていました。 四谷大塚に通っていたときは、成績が全く伸びず、とても困っていました。。そうして、四谷大阪を辞め、たどり着いたのが“阿部教育研究所”でした。阿部教育研究所の先生たちは、みんなとてもわかりやすく、楽しく教えてくれるので、毎回授業を受けに行くのが楽しみでした。しかも、算数の成績がみるみる上がっていくのでした。 また、クリスマスプレゼントも、とても嬉しかったです。^v^ぼくが、シャーペンをボキボキ折って、やりづらい様子を見てシャーペンを買ってくれたと聞き、心がとてもあたたかくなりました。あの日もらったシャーペンは僕の宝物です。今もあのシャーペンで楽しく勉強しています。 1年間本当にお世話になりました。 ありがとうの気持ちをこめ、お母さんと一緒に、プレゼントを買いました。ぜひ受け取ってください 麗澤に行っても、若野先生から足得てもらった知識を生かして、楽しく学んでいきます。 令和三年 三月三十一日 ●●より
息子のマイペースな性格や将来のことを考えると、手厚く面倒見の良い学校に進学させたいと思いました。 息子は好きな文化部があり理数系の学校に興味を持っていたようです。 ただ大手学習塾は帰宅時間が遅く、日々塾と宿題に追われる生活を送る自信がなくお友達のお母様に相談したところ、 とてもいい先生がいると聞き、阿部先生を紹介いただきました。 体験授業が終わると「とてもわかりやすい通いたい」とはっきり言いました。 週1から始めましたが、「 阿部先生との授業は 楽しい」と言い、行くのを嫌がることはありませんでした 。 授業後はいつも充実した表情をしていました 。  どんどんできるようになっていき、わからずじまいはなく、理解するまで指導を頂きました。 息子の性格を熟知してミスの防止策なども教えてくださりました。 志望校の傾向を見ての学習もしてくださりました 。モチベーションの上がる学習だったようで、やる気も出て成績も上がりました。 結果、第一志望に1日目で受かりました 。 息子は入試後、「できたよ!!」と自信ありげでしたが 結果を見るまで やっぱり不安だったようで、 番号を見た時 ジャンプして喜びを体で表していました。 あまり自分を出さない子なので よほど嬉しかったのでしょう。 私もその様子を見て心から安堵しました 。 初めての子で初めての受験でした。 始めたのも6年生になる少し前だったので、 難しいと思っていましたが 、息子は先生との勉強で希望校の思いが強くなっていきました。 その変化に成長を感じ、親としてはその思いを叶えてあげたいと心から思う一方で、応援することしかできない無力さを感じたりもしてました 。 約1年間の 受験勉強を乗り越え今があるのは阿部先生のおかげです。 偏屈な息子の良さを見つけて褒めて可愛がってくださいました。 息子は絶大なる信頼をしていました。 中学生になった今もテスト前は、先生に連絡を取って毎回お願いしています 。 先生は親とのコミュニケーションケーションも重視する先生です。 私の悩みや心配も受け止めて的確なアドバイスを下して下さいました 。 多分先生でなかったら、聞きたいことや、お願いも言えず、ストレスを溜めた受験になっていたと思います 。 今があるのも先生のおかげだと、心から心から感謝しています ありがとうございました。
 最初にお会いしたのは息子が低学年の時、阿部先生の講話を拝聴したのがきっかけでした。学校の勉強はこなしていましたが、落ち着きがなく集中できないことが心配で先生に相談し息子の性格を把握していただき学習指導をお世話になりました。集中して椅子に座っていられるか、先生との相談はどうか不安でした。計算式ばかりのドリルは息子にとっては面白みがなく苦手でしたので、当初はカラーのイラストの入った勉強色を感じさせないクイズのような問題から始め、徐々に問題集に変更していきました。学習時間も一時間半から二時間と伸ばしていき、宿題や日々の家庭学習も少しずつ量を増やしました。  阿部先生は、息子の成長に合わせて導いて下さり少しずつ算数の概念を身につけることができたように思います。  現在、五年生となり塾通いを始めそれに伴い学習量が増えましたが勉強することは阿部先生との学習で慣習づいていましたので上手く塾にシフトできました。今でもご縁は続いており息子も心強いようです。  阿部先生にお世話になって何より私自身が子どもに対しての接し方を変えることができました。親の欲をだすと子どものストレスになり不満が出てきて親子関係がギクシャクすることは避けたく、私自身「子どもの力を信じる!」そう思えるようになりました。  家族で挑む中学受験がスタートしました。  阿部先生から親子とも勉強だけでなく気持ちの面でも中学受験に向けての基盤を作れたと思います。  阿部先生には本当に感謝しています。  清原 桂子
阿部先生 中高一貫校に通う息子は塾に通っていましたが、学校の課題、塾の課題、テスト勉強などの課題がある中で計画の立て方や、何を優先して行えばいいかがわからずに困っておりました。 ただ頑張るのでは成果に表れにくくやる気も失っておりました。 そこで、若野先生に「中間期末テスト対策」のアドバイスをお願いしました。 話を進めながらスケジュールを示していただき、何をどれ位やらなくてはならないかを明確にご指摘いただいたことで進めやすくなり、あとはやるだけという状態で気が楽になったようです。 干渉を嫌がるので学習の様子はわかりませんが、以前より明らかに自主的にやろうとしている意思を感じます。 休憩をとる間隔が減り、集中している時間が増えました。 期末テストでは、一番苦手な英語は平均以上、その他今まで得意、不得意科目で順位にばらつきがありましたが主要科目全て上位3分の1に入りました。 結果に結びついたことで自信がつき、やる気につながりました。 親として、本人の意思で開始時間を気にしながら前向きに机に向かえた事と、テスト後、いろいろなことに意欲的になってきた様子がこれからの成長につながりそうで嬉しく思います。 大道寺 裕子
 受験を控えた昨年夏前に学校で配布された「子どもの進学・勉強についての親講座」を拝見し、子どもとの関係に悩んでいた私はすぐに先生に問い合わせをしました。先生に話を聞いていただきお話をしてとても安心・信頼できる先生だと思い、目先の受験結果がゴールではなく、長い目で見た子どもの将来の幸せ・親子関係を考えていけたら、と思い入塾しました。  明るく楽しい先生の授業はとても理解しやすく苦手意識の強かった算数の問題に取り組むようになりました。通塾するたびに楽しく問題が解けるようになりました。  受験前に、「算数って解けるようになると楽しいね。もっと早く気づけばよかった。」と話し、苦手なことに取り組み成長したことを感じ嬉しかったです。  子どもの第一志望の中学校に合格することが出来ました。  ご指導いただきありがとうございます。  6月に学校でいただいたプリントは私たちの宝物です。ご縁に感謝しております。  これからもご指導よろしくお願いいたします。
〈合格体験記〉 第一志望受験前日、僕はドキドキして眠れなった。 だけど、若野先生のメンタルケアを思い出し、目をつぶった。 今まで阿部先生、若野先生、佐々木先生と勉強してきた日々は、本当に楽しかった。だけど少しぼくは、疲れていた。だから1日でも早く受験を終わらせたかった。しかも、あんなにがんばって授業をしてくれた三人の先生方のためにも。しかし、第一志望R校の1回目受験は不合格だった。だが受かった時の快感を味わえることを考えると頑張れる気がした。そして、1回目と2回目の間に授業をうけ、若野先生に言われたことをしっかりとやった。そして、なんと2回目受験は合格だった。合格が分かった瞬間、家族三人でとびはねた。 ぼくは、阿部教育研究所に通う前、大手塾の四谷大塚に通っていた。四谷大塚に通っていたころ、算数の成績はボロボロでとてもっ困っていた。 だが、阿部教育研究所にはいり、偏差値50程度の学校に合格した。阿部教育研究所への通塾は僕の未来を大きく変えてくれたと思っている。阿部教育研究所の先生方には本当に感謝している。
阿部先生  息子Kは小学校時代から不登校気味でしたが、中学一年生の夏休み前から不登校になりました。小学校時代にはまだよくわからなかった自分と周りとの差、環境も変わり、気にしなくても良いことを気にするようになりました。別の学校の不登校児が通う学級にはあっていたようで行きだしました。でも、在籍は不登校の学校のままで、内申点には苦労しました。本人にやる気がない。わからずどんどん進んでいく。毎週在籍校からもらってくるプリントの数々。提出物も出さず、漠然と不安でした。何か所か塾にも行きましたが、どこも長続きしませんでした。  久しぶりに会った私の友達に、不登校で別の学級に行っていることや、勉強のことを相談していた時に、「ぜひ、阿部先生の所に行って欲しい。あの先生すごいよ」と勧められ最後の砦だと思いました。  今までの塾は、女子大生がミニスカートで教えていたり、やらされている感満載でした。阿部研までは遠く、電車で通っていたのですが、嫌がらず行ってました。あの落ち着いた教室の環境も良かったのだと思います。最後の方は毎週通うと自ら言うまでになっていました。  これまでの受験を振り返ると、中学受験をさせようと思っていた時期があり、学校見学を何校か行きましたが本人にやる気がないといくら周りがのせても駄目です。でも、高校受験は学校のみんながやらなければならないので小6のあの時とは全然違いました。子供の三年の成長を思い知らされました。 紆余曲折あったけれど、Kには高校受験が合っていたと思います。 都立高の説明会で在校生が話してくれたんですが、涙ながらに中学受験をしたけど学校に馴染めなかった。入り直して良かったという感想を聞いて、メディアに騙されている親も罪だなーと思いました。  中学三年間在籍校に通えなく、区の不登校対応の学級にお世話になった子が、現在では満員電車に乗って毎日高校に通ってます。体が固まって朝ベッドから起きられなかった子が、私より早く起きて準備をしているんです。何で中学の時行けなかったのか?聞いてもはぐらかされて今だに答えてくれませんが、やれば結果が付いてくる、反対にやらなければそれなりの結果が出ると15歳で初めて分かったと思います。だから、私は高校受験でよかったと思います。  親である私自身の変化なのですが、あまり世間の評価とか評判を気にしないようになりました。というか、気にしないと不登校の親はやってられません。この学校に行かないと、とかあの会社に入らないと!等はとても小さな事で自分で納得した人生を歩んでもらえればそれでいいと思います。  阿部研に通っていなかったら、そしてあのお友達とも出会いがなかったら、きっと今のKはいません。もうKは次の目標を見つけてます。今から入りたい会社の面接練習してます。 どうしてそんなに極端なの?笑ってしまいますが、阿部研に通い、高校受験を終えたからこそだと思うのです。  個性を重視してくれた先生方に感謝です。

皆さまへ